2010年02月06日

トヨタは顧客の視点が欠如している…前原国交相(レスポンス)

前原国交相は5日夜の閣議後会見で、トヨタ自動車新型『プリウス』のブレーキ不具合の対応について、「顧客の視点がいささか欠如しているではないか、という思いを持っている」という見解を示した。

[写真:トヨタ・プリウス]

これは3日に、同社佐々木副社長が国土交通省を訪れ、前原氏に説明した内容の感想として述べたもの。

「会社からの説明では(プリウスのブレーキに空走感があるのは)設定の問題で、大きな問題ではないということだった。しかし、(大きな問題でないかどうかは)使う側が決める話であって、会社側が設定の問題だと言って終わる話ではない。使う側が不具合を感じて、それが原因かどうかはわからないが事故も起きている」(前原国交相)

事態を重く見る同社は、5日午後9時から名古屋市の同社名古屋オフィスで、豊田章男社長の会見を開く。品質保証担当の佐々木眞一副社長も同席する予定。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
【東京オートサロン10】豊田社長お気に入りのHV、3年以内に市場投入か?
【ATTT09】豊田社長がトヨタブースを視察
GMとNASA、ヒューマノイドロボット共同開発
国土交通省 特別編集
トヨタ自動車 特別編集

介護職員は「当たり前の感覚を持って」(医療介護CBニュース)
安保50周年 本質外れた反対運動、呪縛から思考停止に(産経新聞)
<橋下大阪知事>運営不振の府立高に「撤退ルール」(毎日新聞)
外国人看護師候補者受け入れで実態調査へ―山井政務官(医療介護CBニュース)
携帯から金・銀 ドコモの自己循環リサイクル(産経新聞)
posted by フカサワ シゲオ at 11:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。