2010年06月18日

水田に重なる海の絶景 秋田県にかほ市・象潟「九十九島」(産経新聞)

【探訪】

 日本海を望む小高い丘に登る。田植えが終わったばかりの水田に反射する初夏の太陽がまぶしかった。田んぼを縫うように点在する、木が生えた大小の山々は、まるで“島”。初めて見る不思議な光景だった。

 秋田県にかほ市の景勝地「九十九島(くじゅうくしま)」は、正式な名前を象潟(きさかた)という。一帯は200年ほど前まで海だったため、小山が島に見えるのも当然といえば当然。特に田んぼに水が張られるこの時期は、昔の姿がよみがえる。

 かつては大小100を超える島が南北2キロ、東西1キロの入り江に浮かんでいた。江戸期には「東の松島(宮城県松島町)、西の象潟」と並び称されていたという。松尾芭蕉も「奥の細道」最北端の滞在地として元禄2(1689)年に訪問。「松島は笑ふがごとく、象潟はうらむがごとし」と評した。

 こんな絶景も文化元(1804)年、瞬く間に姿を消す。6月4日に起きた大地震で2メートルほど海底が隆起し、潟は陸地へと姿を変えた。にかほ市観光課の武藤一男課長(56)は「芭蕉が見た風景は地震で消えた。が、往時をしのぶことができるのが田植えの季節。訪れる芭蕉ファンや観光客は多いですね」と話す。

 夕暮れ時、日本海が赤く染まると水田からカエルの鳴き声が響いてきた。辺りが昔、海だったことは信じられないが、これも趣あふれる日本の原風景。今、芭蕉が訪れたら、どんな句を詠むのだろう…。(写真報道局 矢島康弘)

 「探訪」の動画はYouTubeの「産経新聞チャンネル」http://www.youtube.com/sankeinews/でご覧になれます。

【関連記事】
天空にのびる原風景 長野県飯田市・下栗の里
色鮮やかで大きな“幻” 北海道北部・イトウ
渓谷美あふれる「首都の秘境」 東京都檜原村・神戸岩 
クジラ育む南の島々 小笠原諸島・父島 
ノルウェー・トロムソのオーロラ 天空覆う神秘のカーテン

振興銀事件 偽装取引を承認 取締役会、SFCGに持ち掛け(産経新聞)
来年のセンター試験1月15、16日に実施(産経新聞)
<密航助長>容疑者を逮捕…タイから移送 千葉県警(毎日新聞)
青木半治さん お別れの会 陸上関係者ら1300人が出席(毎日新聞)
東アジア共同体議連が発足=会長に鳩山前首相―民主有志(時事通信)
posted by フカサワ シゲオ at 19:46| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

<常用漢字>196字追加 文化審が答申(毎日新聞)

 文化審議会総会が7日開かれ、一般社会における漢字使用の新たな「目安」となる改定常用漢字表を川端達夫文部科学相に答申した。196字を追加して5字を削除し、現行(1945字)より191増の2136字になる。1946年制定の当用漢字表に代えて81年に常用漢字表を制定して以来29年ぶりの改定。パソコンの普及で「書けなくても読める」漢字が増えるなど社会の変化に対応した。年内に内閣告示の予定で、教育現場や活字メディアなどは対応を迫られている。

 「新たな漢字をどの段階で学ぶか。いつから教科書に反映させれば良いのか。文科省の指示がないと対応のしようがなく悩ましい」。小中学校向け国語の教科書を手がける「光村図書出版」の鷲巣学・編集本部長(59)が言う。

 学習指導要領では、中学卒業までに「大体の常用漢字を読め」、高校卒業までに「主な常用漢字が書けるよう」指導することになっている。ただ、追加される常用漢字をいつから、どのように教えるかは現段階では確定していない。文科省は近く教育専門家による有識者会議を発足させて、教育現場での対応を検討し、内閣告示に合わせて方針を示すことにしている。

 ◇いつから入試に?

 高校や大学を受験する生徒らにとっては、追加される漢字がいつから出題されるかも関心の的だ。現在、大学入試センターはセンター試験で出題する読み書き問題を常用漢字に限定し、2次試験や私立大も原則的には常用漢字から出題している。文科省は有識者会議で、入試への導入時期も検討するが、現行の常用漢字が制定された81年の場合、当時の文部省は85年度入試から使用するよう求めた。

 一方、常用漢字の改定で大きな影響を受ける活字メディアでは、既に準備も始まっている。国語辞書を手がける三省堂では、追加される漢字を盛り込む作業が進む。小学生向け辞書の場合は今回の改定に伴い新たに数十字が加わることになる。さらに、大人向け、子供向けに関係なく196字の脇に「常」のマークを付ける作業もある。「小学生向けも一般向けも細心の注意を払っています」。辞書出版部の武田京編集長(45)は言う。

 新聞各紙は常用漢字を基本に、新聞協会の申し合わせや各社独自の判断で常用漢字以外の「表外漢字」を一部追加して紙面で使っている。毎日新聞の場合は1990字を使用し、それ以外の漢字を使う場合はルビをふることにしている。

 新聞協会は現在、追加される常用漢字への対応を検討中だが、例えば「挨拶(あいさつ)」については「ひらがなの方が分かりやすい」と従来通りの方針を確認しており、必ずしもすべてを漢字使用に切り替えるわけではない。

 同じ活字メディアでも、雑誌の場合は、子供から各分野の専門家まで読者層も分かれており、漢字使用に関する共通指針がない。日本雑誌協会の表記委員長を務める講談社校閲局の大島伸局長は「ジャーナリズム系や文芸ものなどは以前から常用漢字以外の漢字も使ってきた。影響は子供向けなどに限られるだろう」と話している。【本橋和夫、井上俊樹、遠藤拓】

【関連ニュース】
常用漢字:191字増の2136字 改定答申案決定
万能川柳:肩書を取ったらただのお爺さん
読めば読むほど:「ヴ」は使わないが……
読めば読むほど:「立ち上げる」で思う
常用漢字:改定答申案 「鬱」「艶」を追加 PC普及で「読めれば可」(その1)

菅首相 海外の反応 メディア好感(毎日新聞)
ヤエヤマボタル 森に幻想の光 石垣島(毎日新聞)
文化財の宿守る苦労 美人女将の宿「鳥取三朝温泉・旅館大橋」(産経新聞)
本因坊戦、山下が2勝目(産経新聞)
ウアルカイシ容疑者 民主化要求姿勢 会見で再度示す(毎日新聞)
posted by フカサワ シゲオ at 03:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

<窃盗>防犯カメラの男は被告と別人 金沢地裁(毎日新聞)

 他人のキャッシュカードで現金を引き出したとして窃盗罪に問われた金沢市の無職の男性被告(61)の公判で、金沢地裁は防犯カメラに映った男と被告は別人とする検察側の鑑定結果を証拠採用した。他に有力な物証はなく、無罪が言い渡される公算が大きい。防犯カメラの男は、検察官の取り調べで画像を示された被告が「自分だと思う」と話すほどそっくりだったが、逮捕容疑や起訴内容は一貫して否認していた。

 被告は09年10月28日に逮捕。同年8月15日、石川県白山市のコンビニエンスストアのATM(現金自動受払機)で他人のキャッシュカードを使い、5回にわたり計100万円を盗んだ、として11月17日に起訴された。

 被告の弁護人によると、防犯カメラは魚眼レンズで撮影し、銀縁眼鏡をかけた男の顔がはっきり映っていた。被告は逮捕当初から「そのコンビニには行ったこともない」と否認。公判で「耳の内側の形が違う。別人だ」と主張していた。

 これを受け、検察側は立体化した画像解析ができる愛知県警科学捜査研究所へ鑑定を依頼。目や鼻、口などは似ているが、耳や耳たぶの形から別人との鑑定結果が出た。

 検察側は5月21日の第5回公判で鑑定書を提出し、証拠採用された。被告は、検察側の請求で4月12日に拘置が取り消されている。【宮本翔平】

「菅氏の外交はっきりしない」=自民・谷垣総裁(時事通信)
邦夫氏「兄弟新党ある」…鳩山首相退陣表明(スポーツ報知)
菅新内閣、組閣は8日に先送りへ(読売新聞)
「銀行強盗するため」 交番で拳銃奪おうとした包丁男逮捕(産経新聞)
「中川政七商店」老舗の快進撃から目が離せない(Business Media 誠)
posted by フカサワ シゲオ at 08:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。