2010年04月05日

京都銀、1000件分の顧客情報を紛失(産経新聞)

 京都銀行(京都市下京区)は29日、顧客の個人情報を掲載した名簿と伝票の一部を紛失したと発表した。名簿には、14法人と943人の氏名、住所、預金残高などが載っているが、今のところ情報が不正に使用されるなどの問題は生じていないという。

 同銀行によると、名簿は平成14年7月に作成。同銀行が今年2〜3月に行った一斉点検作業で紛失していることが発覚した。

 内部調査の結果、誤廃棄した可能性が高く、外部への流出懸念は低いという。同銀行は「誠に申し訳なく、深くおわびする。再発防止に向けて管理体制を抜本的に見直す」としている。

【関連記事】
4400人の顧客情報盗難 千葉のココイチで
不正アクセスでモンベル顧客情報1万人流出、カード被害100人超
消える貸金業者…借りたくても借りられない
ゆうちょ銀、3万人の顧客情報を紛失
ジブラルタ生命 3665人分の顧客情報紛失 パソコン盗難

大阪市斎場「心付け」 職員20人受領 3人に疑い(産経新聞)
若林元農相 議員辞職願を参院議長に提出(毎日新聞)
<石油ストーブ>ふた外れ引火 火災4件、リコール(毎日新聞)
数日前、「長官車ですか」=現場周辺で複数不審男−銃撃事前調査の疑い・警視庁(時事通信)
橋下知事「申し訳ない」 府立高教頭の大麻所持(産経新聞)
posted by フカサワ シゲオ at 16:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

沖縄・鳥島と久米島の射爆場、米に返還要求へ(読売新聞)

 政府は沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で、同県が負担軽減の要求事項に挙げている鳥島と久米島の両射爆撃場返還、沖縄本島東側の訓練水域の一部解除を米側に提起する方針を固めた。

 普天間問題で県の協力を得るための説得材料とするためだ。北沢防衛相は26日の仲井真弘多・沖縄県知事との会談で、普天間問題のほかに「沖縄からいろいろ要請をいただいている。米軍と協議しながら、大きな部分を解決したい」と述べた。この会談の非公開部分で、防衛相は鳥島の返還要求を挙げ、前向きに対応する姿勢を示したという。

 久米島は、那覇市の西方約100キロ・メートルに位置する。その北方約30キロ・メートルにある鳥島は、島全体が米軍の演習場になっている。ヘリや戦闘機の空対地実弾爆撃訓練が行われ、島の形状の損傷が指摘されているほか、周辺の漁業が制限されている。沖縄本島東側の米軍訓練水域「ホテル・ホテル区域」についても漁業に支障が出ていることから、県は区域の解除や訓練期間の縮小を求めてきた。

<訃報>成田薫さん100歳=元名古屋高裁判事(毎日新聞)
生活保護費詐取した男は人気占い師…「キタの父」のがめつい素顔(産経新聞)
<東急東横線>自殺? 乗客2時間閉じ込め(毎日新聞)
<お別れの会>玉置宏さん=4月12日午後6時、東京会館(毎日新聞)
歯医者でガス爆発!院長は直前まで診察(スポーツ報知)
posted by フカサワ シゲオ at 02:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。