2010年03月29日

郵政改革案への異論に亀井氏「首相了承済み」(読売新聞)

 亀井郵政改革相らがまとめた郵政改革法案の最終案をめぐり、政府内では25日も見直しを求める声が相次いだ。

 これに対し、郵政改革相は、最終案は鳩山首相の了承を得て発表したものだと説明した。政府内の意見集約は時間がかかる可能性が出てきた。

 郵政改革相は25日午前、最終案について、「(首相に)了承されたから発表した。鳩山内閣の一員だから、首相の意に反した発表なんかしない」と述べ、「首相が了承済み」であることを強調した。都内で記者団の質問に答えた。ただ、「与野党問わず、国民からも、より良いものにするために意見は聞く」と述べ、議論には応じる意向を示した。

 ゆうちょ銀行への預入限度額を現在の1人当たり1000万円から2000万円に引き上げるなど、最終案の骨格部分の修正については、「今、法案を作っている最中だ。昨日はその中の基本的な部分、考え方を出したわけだ」と述べた。

 これに対し、仙谷国家戦略相は25日午前、内閣府で記者団に「これは内閣全体の問題だ。もっとオープンな形で議論を尽くさないといけない」と述べ、全体的な議論が必要だとの考えを示した。

 古川元久内閣府副大臣も同日午前、内閣府で記者団に「限度額引き上げがいいのかどうか、相当慎重に議論しなければいけない」と述べた。副大臣は、論点として、〈1〉ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険は貸し出しのノウハウがなく、増えた資金をどう運用するのか〈2〉ゆうちょ銀行だけ事実上ペイオフの限度額が2000万円まで上がる〈3〉民主党は郵政改革で金融分野を縮小する方向性を決めた――などがあると指摘。「3点について十分議論され、説明が尽くされたのか、大きな疑念がある」と述べた。

 平野官房長官は同日午前の記者会見で、最終案について「あくまで担当大臣の考えとして案を出したということだ」と述べ、今後、政府内で議論する方針を示した。そのうえで「民業を圧迫することなく、公正な競争を前提に亀井大臣が検討していると思う」と指摘。郵貯限度額引き上げなどをめぐって民間金融機関が反発していることを念頭に、郵政改革相の動きをけん制したものと見られる。

 郵政改革法案の最終案は郵政改革相と原口総務相が24日に発表したが、戦略相や菅財務相が「閣内での議論が不十分だ」と異論を表明した。背景には、ゆうちょ銀行などの肥大化に対し、民間金融機関の警戒感が強いことがあるとみられる。今回の見直しが日本郵政の収益強化につながるかどうか、疑問視する声も根強い。

藤川市議を擁立の方向=参院比例に−自民(時事通信)
鍵貸与は「掃除のため、問題ない」中井氏が見解(読売新聞)
重文の仏像盗難…収蔵庫の扉こじ開けられる(読売新聞)
「AKBがいる」「ジャニーズが…」飛び交うデマに原宿は騒然 (産経新聞)
<香美市長選>門脇槙夫氏が無投票で再選(毎日新聞)
posted by フカサワ シゲオ at 09:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

「TOKYO1週間」「KANSAI1週間」休刊、講談社(産経新聞)

 講談社は24日、隔週で発行しているエンターテインメント情報誌「TOKYO1週間」と「KANSAI1週間」を6月8日発売号で休刊すると発表した。インターネットによる情報収集に押され、部数が落ち込んでいた。

 「TOKYO」は平成9年11月、「KANSAI」は11年3月にそれぞれ創刊し、主に首都圏、関西圏の若者に行楽やグルメ情報を提供してきた。創刊当初はそれぞれ33万、35万部を発行していたが、最近は7万8000部、8万部と低迷していた。

 同社広報室は「インターネットなどメディア環境の激変と、読者のライフスタイルの変化により、やむなく休刊を決めた」と話している。

【関連記事】
雑誌100タイトル配信 不況打開へ実験サイト開設
雑誌「ハイファッション」「季刊銀花」が休刊へ
自動車誌「NAVI」休刊
「小学六年生」最終号28日発売 87年の歴史に幕
出版業界、2兆円割れへ デフレの波、雑誌休刊で
20年後、日本はありますか?

社民、国会同意人事への対応は来週以降に持ち越し(産経新聞)
北教組事件 1600万円原資は未解明 被告黙秘続ける(毎日新聞)
普天間移設 政府案、非公表 「先送り」批判、かわす狙いか(産経新聞)
<強風>札幌で33.3メートル 3月の観測では最大記録(毎日新聞)
<いじめ?>同級生暴行の様子ビデオ撮影 中国地方の中学で(毎日新聞)
posted by フカサワ シゲオ at 02:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

イラク戦争、検証が課題=政府答弁書(時事通信)

 政府は19日の閣議で、自公政権がイラク戦争を支持し、陸上・航空両自衛隊を同国に派遣したことについて、「異なる判断もあり得たのではないかとの考えもあり、当時の政府の判断の検証は将来の課題だ」とする答弁書を決定した。赤嶺政賢衆院議員(共産)の質問主意書に答えた。
 イラク戦争に対する小泉内閣以降の一連の対応をめぐっては、岡田克也外相が10日の衆院外務委員会で検証を行う意向を表明している。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<日米密約>リスト定かな記憶ない…藤崎駐米大使(毎日新聞)
<熊本市>12年春に政令市 人口要件緩和でクリア(毎日新聞)
<エレベーター事故>運輸安全委に昇降機部門新設(毎日新聞)
<公明党>参院選「他党候補推薦せず」発言を撤回 山口代表(毎日新聞)
トキ襲撃 ケージのすき間にテンの毛(毎日新聞)
posted by フカサワ シゲオ at 22:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。