2010年01月28日

水に混ぜるだけで高強度素材=高分子化合物を開発−東大など(時事通信)

 水に微量を混ぜるだけで、透明で強度のある素材に変化させる高分子化合物を東京大などのチームが開発した。特別な設備を必要とせず、すぐに作れるため、医療現場などで使う素材への応用が期待される。論文は21日付の英科学誌ネイチャー(電子版)に掲載された。
 東大大学院工学系研究科の相田卓三教授らは、水中に溶けた粘土の粒子と結合し、粘土を「足場」にして立体構造を作る有機高分子化合物を開発。この化合物を、粘土を溶かした水に入れてかき混ぜると、数秒でコンニャクのように固まる。
 この素材は透明で、95%の水分を含んでいるが、コンニャクの約500倍の強度があり、透明性を犠牲にすればさらに強度を高められるほか、ゴムのような弾性を持たせることも可能だという。
 相田教授は「化合物の基本的な骨格は、安全性が確認されている。混ぜるだけでいいので、再生医療などの現場で医師が使える素材になり得る」と話している。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
iPS細胞の誕生過程撮影=メカニズム解明に前進
大豆のゲノム解読=品種改良など応用期待
ヒトゲノムにRNAウイルス発見=4000万年前に感染か
子ども手当創設で大幅増=自公政権の抑制から転換-10年度予算案・社会保障費

「選択と集中」が奏功、通期予想2度目の上方修正―メデカジャパン(医療介護CBニュース)
次の一手は? 小沢氏の車に囲碁やロッキード本(産経新聞)
首相、参院選後に省庁再編検討(産経新聞)
阿久根市長 「庁舎内での撮影取材を原則禁止」通告(毎日新聞)
<貝塚市長選>元副市長の藤原龍男氏が初当選(毎日新聞)
posted by フカサワ シゲオ at 23:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「猫の足星雲」を詳細に観測=星の生死解明に期待−欧州天文台(時事通信)

 地球からさそり座の方向に約5500光年離れた「猫の足星雲」を、欧州南天天文台(ESO)が21日までに南米チリにある望遠鏡で詳細に観測し、画像を公開した。猫の足の裏にある肉球のように見える明るい部分には、過去数百万年以内に誕生した若い恒星が多数あるとみられるという。
 同星雲は、地球がある銀河系(天の川銀河)の中にある。赤く見えるのは、若く熱い恒星を取り巻く水素ガスから放出された赤い光だけが、ほかのガスやちりに遮られず、地球まで届きやすいため。
 細かい泡のような部分は、大きな恒星が終末期を迎え、さまざまな物質を大量に周囲に放出しているか、既に寿命を終えて爆発した跡と考えられる。観測成果は、恒星の誕生から死までの過程を詳しく解明するのに役立つと期待される。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
野口さん、アーム初操作=「地上訓練とそっくり」
宇宙から被災地にエール=野口さん、阪神大震災15年前に

エレベーターに押しつぶされる? ビル工事現場で作業員死亡 東京・新宿(産経新聞)
28日に介護ロボットの実演会―全国老施協が市民フォーラム(医療介護CBニュース)
空売り規制、4月末まで延長=金融庁(時事通信)
官房長官、検察リーク「あるような気が…」(産経新聞)
党は冷静対応を=小沢氏団体事件、検察批判に−首相(時事通信)
posted by フカサワ シゲオ at 13:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

大阪で遺骨収集シンポジウム開催 野口健さんらが意見交換(産経新聞)

 第二次世界大戦で亡くなり、今も戦地に残る戦没者の遺骨収集について考えるシンポジウム(産経新聞社主催)が19日、大阪市中央公会堂(同市北区)で開かれた。約1000人が参加し、遺骨収集に取り組むアルピニストの野口健さんらが収集事業の現状や課題について意見を交わした。

 遺骨収集をめぐっては、本土以外での戦没者240万人のうち、現在も100万人以上の遺骨が未帰還。昭和27年度に始まった国の収集事業も、関係者の高齢化や情報の減少で近年は収集数が停滞している。

 フィリピンでの遺骨収集を行うNPO法人「空援隊(くうえんたい)」の活動に参加する野口さんは、収集が進まない現状について「遺骨収集イコール戦争美化につながるとして避けてきた傾向がある」と批判。「国が動かないなら、私たちが動いて国民運動化しなければ」と訴えた。

 同隊は昨年、独自に調査した8675人分の遺骨を収集。倉田宇山理事はゲリラが潜む密林での作業などについて説明。「収集可能な遺骨は3万人分あるのに国は予算を出せないという。なぜ遺骨を放置するのか」と悔しさをにじませた。

 大阪市天王寺区の派遣社員の女性(45)は「まだ遺骨が残っているとは知らなかった。家族にも話して今後も関心を持ちたい」と話していた。

【関連記事】
遺骨収集に広がる支援
終わりという訳ではない
新春対談 野口健×早見優
比戦没者遺骨収集 首相答弁書を野口さんが批判
アルピニスト・野口健はなぜ遺骨収集を始めたのか 遺骨収集シンポ詳報(4)

<暴行容疑>毎日新聞社員を逮捕 羽田で保安検査員を殴る(毎日新聞)
「半落ち」容疑者vs捜査員、供述の信憑性は…“本丸”へ詰めの捜査 松戸女子大生殺害 (産経新聞)
超高層マンション 地震対策案を作成 住民と東京都中央区(毎日新聞)
漫画全巻販売がヒット 大学院の経験生かす(産経新聞)
都議補選は自民・三宅氏が当選確実(産経新聞)
posted by フカサワ シゲオ at 20:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。